2015年11月21日

お茶ゼリーの試食

本日11月21日土曜日、恒例ボランティアに2名の高校生が参加してくれました。
回復期リハビリテーション病棟でボランティアをしてもらいました。
内容は、入浴介助の見学、シーツ交換、ベッドへの移乗動作の見学をして、水分補給のため、トロミ茶を作り試飲し、お茶ゼリーを試食しました。
脳梗塞の予防や、健康を維持するために水分補給はとても大切になりますが、何らかの原因で、水分をそのまま摂取したら、むせてしまう患者が回復期リハビリテーション病棟には多くおられます。水分を摂取してもらうため、水分自体をとろみをつけたり、ゼリーにしてむせにくい状態にして摂取してもらうのです。ボランティアの学生さんにどの様なものか、実際に飲んだり、食べたりしてもらいました。
  IMG_0748.JPG
ボランティアを終えての感想は、「看護師の皆さんがとても優しく、丁寧に教えてくださったので、楽しく見学することが出来ました。とてもためになる見学で、私も将来、皆さんのような看護師になりたいと思いました。また来たいなと思いました。」とあり、充実していたようです。
次回ボランティアは、12月19日内科病棟です。
興味を持たれた方は是非メールしてください。
お待ちしてます。

   後継者育成室 岩井
posted by スタッフ at 12:28| 広島 ☁| Comment(0) | ボランティアニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする