2016年10月01日

呼吸数測ってますか

学生さん達は受け持ち患者さんのバイタルサインの測定の時、呼吸数はきっと必ず測ってますよね
でも 看護の現場ではパルスオキシメーターの普及に伴い Spo2に頼っている傾向があります。
先日 病院のオープンカンファレンスで 救急集中治療医学の教授 先生が「バイタルサインから見直す救急初期対応」の講演をして下さったのですが、その中で呼吸数がとても大切なバイタルサインであること、Spo2は呼吸数の代わりにならならない事をお話しくださり、改めて、バイタルサインをきちんと測定することの大切さを学びました。
当病院の看護方針に「五感を活かした看護技術を通じ、看護の力を発揮する」をまさに実践して、呼吸、循環、意識のサインを見落とさない事が 救急時の やばいサインを拾う になると実感しました。

   IMG_2127.JPG      IMG_2129.JPG
  医師をはじめとした色々な職種の職員、近隣の医療職で会場はいっぱいでいした
posted by スタッフ at 15:10| 広島 ☁| Comment(0) | 看護部短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: