2016年10月14日

退院調整、地域連携の実際・・・臨地実習

 臨地実習の内容に、「退院調整、地域連携の実際」があり、短期間の臨地実習の中で、実習生全員に学んでもらいたい、是非現状を知ってほしいと思い、MSWにお話しをする時間を取ってもらいました。
 退院調整がなぜ必要なのか、病院のMSWの役割についてしっかり話してくださいました。事例を挙げて、みんなで必要な退院支援、調整についても検討しました。
 MSWから色々学生さんに質問もされたのですが、学生さんは質問にしっかり答えられて、良く勉強されていることに感心してしまいました。
 看護学生さんが数年後に看護師となった時は、いまよりもっと 退院調整が重要となっていると思います。
目の前の病気に対する看護をするだけでなく、今後を予測して、患者さん一人ひとりにとって、一番望ましい生活が送れるように、入院中から援助できる看護師に是非なってくださいね。
 
  IMG_2147.JPG    IMG_2148.JPG
posted by スタッフ at 12:32| 広島 ☁| Comment(0) | 看護部短信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: