2016年12月22日

医学生も一緒に年末交流会をしました♡

広島民医連看護学生委員会で恒例の「看護学生年末交流会」を12月17日に開催しました。
今年度は、学生時代から 他の医療職との交流ができたらいいなーと思い 広島民医連の奨学生(医学部、歯学部、薬学部)の方たちにも声をかけたところ 2名の医学生さんの参加がありました。
10名の看護学生、職員12名と楽しい時間を持つことができました。
会の前半では、「この命愛しんで」(広島民医連発行 看護・介護場面の単行集 執筆 看護職員)の朗読、感想交流を行いました。疼痛で苦しむガンの終末期患者さんに、苦しい思いだけでなく、少しでも楽しいひとときを過ごしてもらいたいと思い、患者さんに聞いたところ「もう、特に無いよ。でもお化粧がしたいね。」と気持ちを聞き出すことができて、化粧水や乳液をつけ、リップクリームを塗り、透明なマネキュアをつけることを看護チーム全体で行い、笑顔が見られるようになり、意識が無くなっても最後の最後まで、想いを大事にして、髪をといたり、お顔のお手入れを続けたという看護実践のお話しです。このような患者さんに寄り添った看護がしたい、気持ちを伝えてもらえるような信頼関係を持てるようになりたい 医学生からは出来るだけ患者さんの側にいれるような医師になりたい 等の感想を交流することが出来ました。
DANSの報告も行い、原発等 情勢についても自分の意見を持っていることの大切さを話し合いました。
 IMG_2340.JPG  IMG_2369.JPG  IMG_2341.JPG 

茶話会タイムでケーキとチキンを食べて その後は自己紹介ゲームで紹介してもらった参加者の名前を利用したビンゴゲームやグループ対抗のスプーンレースを行いました。
他大学や専門学校の看護学生で学年も色々で、看護職員とも、医学生とも良い交流が持てた楽しい2時間半でした。
   IMG_2357.JPG     IMG_2360.JPG


posted by スタッフ at 12:39| 広島 ☁| Comment(0) | ボランティアニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: